インプラント情報サイト
HOME>治療の流れ

治療の流れ

治療の流れ
カウンセリングと診断
カウンセリングと診断
  1. カウンセリング(患者さんのお話をじっくり、ていねいにお聴きします。このじっくりお聴きするということを非常に大切に考えております。)
  2. レントゲン撮影
  3. 口腔内診査
  4. インプラント埋入本数、部位のご説明
  5. インプラント手術、治療に関する注意点のご説明
  6. インプラント治療費のご説明

インフォームドコンセントを重要視しており、じっくりご説明いたします。もし、CT撮影が必要な場合は、契約先のセンターで撮影をします。インプラント治療以外で、もし歯周病、虫歯等の治療が必要であれば、治療の順番のご説明をいたします。その際、患者様の要望(想い、考え方、希望、不安)をじっくりお話しすることが大切だと思っております。

矢印
一次オペ(インプラント埋入)
一次オペ(インプラント埋入)

治療計画を立てた後、患者さんにその内容を説明し理解を得た後にインプラントの埋入手術を行います。治療の際には、局部麻酔を行い痛みを和らげ治療を行います。治療時間は、インプラントを埋入する本数や骨の状態によっても変りますが、1 本あたり10分から30分程度で終わるのが通常です。治療後は、仮の歯を付けてインプラントが定着するのを待ちます。又、術後に鎮痛剤をお渡しします。その後は痛みを感じることは殆どありません。

矢印
二次オペ(土台埴立手術)
二次オペ(土台埴立手術)

一次オペ終了から約3~6ヵ月後(個人差があります)、インプラントが骨に定着をした事を確認したら歯(補綴物)を付ける為の土台を立てます。この際に、インプラントを取り囲む歯肉が動いてしまう場合、動かない歯肉を移植する処置(遊離歯肉移植術)や、歯肉の幅にボリュームを持たせ自然観を損なわない為の処置(結合組織移植術)を行う場合があります。

矢印
補綴物を被せる
補綴物を被せる

インプラントの二次オペが終了した後に、新しい歯となる部分(補綴物)を土台に被せます。歯になる部分の材質は天然の歯に近い色や硬さのセラミックのものや、金属(白金等)のものなどあります。
歯を被せた後全体のバランスや歯の色の調整などが必要な場合は調整を行い、治療は終了します。

矢印
定期健診・メンテナンス
定期健診・メンテナンス

インプラントの治療が終わった後、定期的に検診を受け、普段落としきれない汚れやインプラントの状態を歯科医院でチェックしてもらうことが、 インプラントを長持ちさせる秘訣です。
インプラントも通常の歯と同様に口の中にありますので、「人工のものだから何もしないで構わない」訳ではありません。ケアを怠ってインプラントまで再度失ってしまう事のないように大切にケアしてあげましょう。